医療レーザー脱毛でホクロに生えた毛を無くせるか

ホクロから太いムダ毛が生えているのを医療レーザー脱毛で無くしたいと考えていますか。
ホクロには何故か、周りの体毛よりもしっかりとした毛が生えてくる傾向があります。

皮膚から張り出したホクロだと、カミソリでの処理も難しいので困ったものです。周りのムダ毛と同じようにホクロの毛も医療レーザー脱毛で処理できるものでしょうか。



普通のレーザー脱毛機器が破壊ターゲットにしているのはメラニン色素です。


毛の黒い色はメラニン色素でできていますが、ホクロもメラニン色素です。

真っ黒の塊に医療レーザーを当てるとめちゃくちゃ痛いですし火傷します。



なので、ホクロがある部位の脱毛をする場合は、ホクロにシールを貼ったりしてレーザーが当たらないようにするケースもあります。

医療レーザー脱毛を始めるより先にホクロ除去をおススメする病院もあります。

基本的には一般的な脱毛用のレーザー機器ではホクロのムダ毛は処理不可能なのです。

しかし、メラニン色素を破壊ターゲットにしないタイプの脱毛機器も登場しています。

ソプラノという機器は、ダイオードレーザーを使っていますがターゲットは毛包です。

毛包とは、毛の表面全体です。


玉ねぎの外側には薄皮があって全体を覆っていますが、それと同じように毛包が毛の全体を覆っています。

ソプラノはその毛包に熱エネルギーを伝えて毛根を破壊するのです。

メラニン色素に反応するタイプではないので、ホクロの毛でも白髪でも処理可能です。

iemoに関するお役立ち情報コーナーです。

この機器以外でも、通常より長い波長のレーザーを使用するヤグレーザーによる医療レーザー脱毛では、表皮に反応しにくいのでホクロや色素沈着のお肌の脱毛に適しています。